よくあるご質問

皆さまからお問い合わせいただくことが多い質問事項をまとめました。

 

よくある質問(料金・サーバーについて) 

Q1料金の引き落とし日はいつですか?(クレジット支払いのお客様より)
A各クレジット会社様によって異なりますので、お問い合わせをお願い致しております。

Q2支払い方法はどうなっているの?
A個人:クレジット・チケット/法人:口座・現金・振込となっております。

Q3コンセントは抜いても大丈夫?
Aクリクラの品質保持のために、電源を入れた状態でのご使用をお願いします。冷蔵庫のような感覚でご利用ください。

Q4停電になったら使えないの?
A停電でもサーバーはご利用いただけます。ただし、電源が入らないとタンク内が常温となりますので、なるべくお早めにお飲みください。

Q5お湯を使わないから、スイッチを切っていても大丈夫?
Aお湯をご利用にならない場合でも、温水スイッチは必ず「ON」の状態でご使用をお願いします。。

Q6サーバーの消費電力・電気代は?
Aクリクラサーバーの消費電力は温水は450W~350W、冷水は75W~73Wです。

Q7Lサーバー・Sサーバーの機能、値段は違うの?
A機能・値段共に同じですが、サーバーの高さが違います。お客さまの設置されるロケーションにより、お好きなタイプをお選びください。

Q8リースなの?メンテナンスも必ずやらないといけないの?
A月々にかかるリース代はございませんが、年に1度のメンテナンス料金5000円(税別)をお客様ご負担で頂いております。 また、メンテナンスは、安全においしく召し上がっていただく為、必ず年に一度行っていただいております。

Q9小さな子供がいるのですが、お湯が簡単に出たら危険ではないですか?
A温水のコックにはロックがついています。小さなお子さまでは簡単に出ない構造になっていますのでご安心ください。

よくある質問(お水について) 

Q1「クリクラ」ってどんな水?
A逆浸透膜を通して出来たクリアな水を使ったミネラルウォーターです。 クリクラは、逆浸透膜でできたクリアな水に、 独自で開発した精製技術で良質なミネラル成分のみを理想的なバランスで加えた美味しいミネラルウォーターです。

Q2ミネラルウォーターじゃないの?
A逆浸透膜を通して出来たクリアな水を使ったミネラルウォーターです。 クリクラは、逆浸透膜でできたクリアな水に、 独自で開発した精製技術で良質なミネラル成分のみを理想的なバランスで加えた美味しいミネラルウォーターです。

Q3天然水と比べるとどうでしょうか?
A最近では天然水の採取場所の環境破壊や硝酸性化合物の混入などの影響で、必ずしも安全であるとはいえなくなっています。 また、ミネラルバランスにばらつきがあります。 クリクラは水中の不純物をほぼ完全に除去していますし、 ミネラルをバランスよく入れていますのでお子様からお年寄りまで安心してお飲みいただけます。

Q4「クリクラ」は水道水が原水ですが、天然水の方が良いのでは?
A基本的には、原水は何でも良いのです。 逆浸透膜で有害物質をほぼ完全に除去できるからです。 水道水はそれ自体が飲料基準をクリアしている水ですが、天然水は細菌や不純物を多く含みますので、かえって危険です。

Q5ミネラル分を全て除去し、また新たに添加するの何故?
A水のおいしさに関係のあるミネラル分だけを残せればいいのですが、重金属のカドミウムや鉛などのように体に危険な物質だけを取り除いて、体にいいミネラルだけを残すことはできないので、一旦全部除去します。 その後で改めて、おいしさを作り出すミネラルであるカルシウム・マグネシウム・カリウムやナトリウムなどをバランスよく加えるのです。

Q6「クリクラ」を利用すれば、お茶やコーヒー、また、料理の味は?
A逆浸透膜装置は味を損なう目に見えない不純物を除去するので、飲み物本来の味が出てきます。また、お茶やコーヒーの量を少なくしても、以前と同じ味を引き出せます。 水の硬度を日本人の好む29.7度に設定してありますので、特に日本料理には合うといわれています。

Q7逆浸透膜って何?
A0.0001ミクロンの孔を使って、水中のトリハロメタンやダイオキシンなどの不純物を除去して、クリアな水にする技術です。 海水を真水に変える技術としてアメリカで開発され、エリザベス2世号や大型商船・原子力潜水艦・空母などにも採用されています。

Q8逆浸透膜って一般家庭で使用されている浄水器とどう違うの?
Aまず、一つ一つの孔(穴)の大きさがぜんぜん違います。 一般的な浄水器に使用されているものは、活性炭浄水器で1ミクロン、中空糸膜で0.01ミクロンですが、逆浸透膜は0.0001ミクロンですので、不純物をほぼ完全に除去できます。

Q9月々の電気代はどのくらいなの?
A冷蔵庫の開け閉めと同じように使用頻度によって前後しますが、標準家庭のご使用で 月/500円前後です。