鹿児島でクリクラ、ウォーターサーバーをお探しなら、クリクラ共栄

—この仕事を選んだ理由は?

子どものころからものづくりが好きでした。
工場見学で「これだ!」と決めました。

中途入社で共栄に入りました。前職は食品製造会社の製造部で勤めていたんですが、そこで衛生管理・品質管理について学びました。徹底して教え込まれたので、この2つについてはかなり自信があります。工場機械でづくりをしたいという意識が強くなった頃に、共栄を知りました。そして、工場見学に来た時に、水製造のラインを見て、とてもワクワクして感動しました。「これだ!」と決めました。思い返すと、小さいころからものづくりが好きで、大きくなってからは食べ物飲み物など、人が生きていくのになくてはならないものをつくることにやりがいを感じるようになっています。

—仕事内容・苦労・魅力について

「ありがとう!」が飛び交う職場づくりをこころがけています。

基本的には、他のスタッフのみなさんと同様に製造ラインに入ってます。工場責任者の業務としては、加盟店(お客様)さんや本部(クリクラ)・その他県外の事業所からの注文管理や製造実績・衛生・品質管理報告などの管理業務があります。ちなみにキュートボトル(6ℓ)の製造は西日本で共栄だけなので、県外からの注文もとても多いです。あまり苦労を感じることはないですが、敢えて挙げますと、連休前や夏などの繁忙期に、受注通りの製造と在庫管理を完璧に行うことです。でも、スタッフ全員で協力して上手く出来ています。あと、これは苦労ではないのですが、プラントアセスメント(本部の基準審査)で最高ランクを受けるための気を抜かない日々の管理です(笑)直近でAランクをいただきました。上から2番目で、上はSランクになります。次は取ります。

魅力は2つあります。
お客様とのつながりと、スタッフみんなとの信頼関係の上に成り立つ愉しい職場環境です。

先日ルート配送の応援に行く機会がありました。その中で寝たきりのご高齢のお客様宅に訪問しました。お体が不自由ということで、鍵の管理も任せていただいていました。ボトルの交換でお部屋に入った際に、お客様から「いつもありがとうね。本当に助かります。これからもよろしくお願いしますね。」と、優しく声をかけていただきました。とても、充実した気持ちになりました。普段工場内で仕事をしていると、そういったお客様と触れ合うことがありません。色々なお客様にお水をお届けしているということと、お客様から「ありがとう」を言っていただけることに感謝と責任を感じるとてもありがたい貴重な時間でした。あらためて衛生管理・品質管理・受注製造管理をしっかりやっていこうと気持ちを引き締めました。「お水を通してお客様とのつながりがある」そのことで、自分自身がとても豊かな気持ちになります。一番の魅力と言えます。

もうひとつは、スタッフみんなとの信頼関係の上に成り立つ愉しい職場環境です。私がプラント長になるとき、40代のパートの女性スタッフさんから、「まだ経験が浅いのにあなたが(プラント長)なって大丈夫?前の人は10年以上のきゃりがあったんだけど。」と言われました。悔しい気持ちになりましたが、信頼してもらえる人間になることを決めました。そして、とにかくスタッフみんなが愉しくやりがいを持って働いてもらうためにに気配り心配りと声かけをし続けました。ある時、私に不安を言ってこられた女性のパートさんが、腱鞘炎になりました。私は、声掛けと仕事のフォローを毎日しました。しばらくたったある日、女性のパートさんが、突然泣き出して「本当にありがとう。あなたがプラント長になる時には、ひどい言い方をしたのにね。本当にありがとう。」と、言っていただきました。

その女性に特別声掛けしていたわけではなく、手や足腰に負担がかかるこの仕事において、責任者としてスタッフ全員のこころと体にしっかり配慮しなければいけないという使命感からでたものでした。40代~60代のスタッフも多いので、特に気を付けていました。女性のパートさんからのその言葉で、やってきて良かったと、嬉しい気持ちになりました。プラント長として少し認められたと思いました。私だけでなく、他のスタッフも同じ意識でいてくれています。そういった健全な職場環境がこの仕事の魅力だと思います。

【取材後記】
栫プラント長は、真面目で誠実なだけでなく「ひとの心」を大切にする責任者である印象を受けました。座右の銘である、「どんな状況でも愉(たの)しむ!」とは、自分だけでのことではなく、周りもそう思ってもらうために自分が存在したい、という決意も含まれているかもしれません。同じ仲間ながら、心から尊敬しました。彼がプラント長を務める工場直送の水が、一段と美味しく
なった気がします。
【取材/撮影:共栄クロスメディア委員会】